2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 上方亭ライブ & 旭区ふれあい寄席 | トップページ | 竹田のビタミン寄席スペシャル 第一夜 »

2006.08.06

尾長猫寄席

8月6日(日) 15:00 〜
第95回尾長猫寄席
午後3時からの落語会というのに、2時頃に宇治に着く。
JRの宇治駅
Ujieki
宇治の町並み、ここはお風呂屋さん。
Uji2

宇治橋、宇治川の流れ。
(米二さんは、今夜ここで「鵜飼い」をみるそうな。)
Ujibasi
時間つぶしに、平等院鳳凰堂の門まで散歩。(大汗をかきながら。)

Byoudouin

今日は、宇治市民会館(公民館)3Fホールで、尾長猫寄席(16周年米二・都丸一門ダブル親子会)というのに行ってきました。
宇治市民会館は大入り満員。
2時過ぎに会場に着くと、すでに米二算の車がある。
米二さん-二乗さんの師弟と、都丸さん-さん都さん師弟で、ダブル親子会。

今日のお囃子は「笛」の担当の方がいないのか、いつもと全く違う感じ。

まずは、桂 二乗さん、動物園。
二乗さんは、携帯の注意事項にあわせて、「今日は私の番だけ携帯をONにしておいてください。いつでもでれるように。」

続いて、桂さん都さん、強情灸。
マクラで、オーサカキングの「ざこば商店」の話題。

中トリで、桂 米二さんで、菊江仏壇。
「こう暑いと、我々もいろんなことを口走ってしまいます。いつか、小米朝がはてなの茶碗で、(油屋さんが)「大阪の人間です。」というところを、「大阪の芸人です。」と言ってしまいました。大阪の芸人はおまえやろ。」

ここで、中入り。
Onaganeko

トリは桂 都丸さん、小間物屋政談。
この噺は、実は関東だけの噺か、講談の噺だと思っていた。

すべての演目終了後、抽選会が行われた。
(残念ながら、何も当たらなかったので、どうでもいいけど。切手とか、色紙とかほしかったなぁ。)
会全体で午後5時30分まで及ぶ大落語会でした。


Onaganeko2

それにしても、暑かった。

« 上方亭ライブ & 旭区ふれあい寄席 | トップページ | 竹田のビタミン寄席スペシャル 第一夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾長猫寄席:

« 上方亭ライブ & 旭区ふれあい寄席 | トップページ | 竹田のビタミン寄席スペシャル 第一夜 »

最近のトラックバック