2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第回256NHK上方落語の会 | トップページ | 第15回 夢くらぶ寄席 »

2006.06.22

桂 都丸の落語を聞く会

033

今日は、大阪肥後橋の北京料理 徐園で、「第31回桂都丸の落語を聞く会」。 今日は久しぶりにY氏、H氏のお二人とご一緒。

開口一番は桂 さん都さんの東の旅(発端)。 拍子をつかった発端は、初めてやって、Y氏、H氏が言ってました。 (私は発端自体が初めて。)

二番手は、桂 都丸さんで、「ポストクラブ」(題名不詳)。
初めて聞く話しはやっぱりおもしろい。
都丸さんは桂ざこばさんの一番弟子で、そういえば、18日のひがしむき寄席で、出丸さんが師匠(桂ざこばさん)に、「おまえなんか、弟子でもない。ワシの弟子は都丸、喜丸の二人だけじゃ。」と叱られてめげていた話をされてましたね。

続いて、林家染二さんで宿替え。 染二さんって見かけによらず、結構、力むタイプだったんですね。

トリは桂 都丸さん、寝床。 何度か聞いた話でも、随所に、演者によって、場所によって、また客によって様々な工夫がある。 生の魅力ってのはこんなところにもあるねんなぁ。 CDだけでは判らない世界があります。

で、例によって、3人で王将の餃子を堪能。

 

« 第回256NHK上方落語の会 | トップページ | 第15回 夢くらぶ寄席 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂 都丸の落語を聞く会:

« 第回256NHK上方落語の会 | トップページ | 第15回 夢くらぶ寄席 »

最近のトラックバック