2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

カテゴリー

無料ブログはココログ

2017.01.16

うれしい知らせ(番外)

田辺寄席さんから、こんなチケットをいただきました。
そうかー。会員証に橘右佐喜さんに名前を書いてもらえるって知って会員になってから5年か〜。



おっとー!同時にこんなのもきてたー!?

いいんですよー。
遅れてたワタシが悪いんです。
送料、余分に負担をかけて申し訳ありませんm(_ _)m

落語の落後の楽語(17-007)

15:00 玉水記念館
・桂 米輝  子ほめ 
・桂 紅雀  親子酒 
・桂 吉弥  一文笛 




またまた、時間休暇でやってきました玉水記念館、落語の落後の楽語。
特段意識してるつもりもないけど、かい枝さんの会に来ることが多く、吉弥さんの会は久しぶり。

今日は久々に紅雀さんを聞きたくなって。
「なんや!前田さんのボンかいな!」にも楽しくなるし、他にもいくつか吹き出してしまった。
楽しい、い〜い会でした。

次回は、かい枝さんの会が2月27日、吉弥さんの会が3月14日だそうです。


へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村


2017.01.15

第33回 講談まつり(17-006)

14:00 千日亭
・旭堂左助    松浦の太鼓
・旭堂南斗    沢村才八郎
・旭堂南舟    那須余一
・旭堂南左衛門  長短槍試合
中入り
・旭堂南斗    将棋大名
・旭堂南舟    正直俥夫

003







(講談会に出かける前のメモです)
上のチラシのように、左南陵さん、南左衛門さん、南鱗さん、南北さん、南華さん、南海さん、南湖さん、南青さん、南舟さん、南斗さん、鱗林さん、さくらさんのお写真が。
時間的にも、とても皆さんが出演されるはずもなく、せいぜい4〜5人でしょうが、さて、誰が出られるのか・・・また、されもお楽しみ。
ちなみに、写真の順番は入門順でしょうか?



で、入門年次をwikiで調べているうちに南左衛門さんのHPにたどりつく。
そこで、スケジュールを見ていると、今日の「第33回 講談まつり」は~旭堂 南舟・南斗 ふたり会~だそうな。
おまけに演し物も書かれていて、

<出演者・読み物>

「長短槍試合」旭堂南左衛門
「正直俥夫」
「那須余一」…旭堂南舟
「沢村才八郎」
「将棋大名」…旭堂南斗
「松浦の太鼓」旭堂左助
・・・・だれ? 左助さん・・・?



2017.01.13

新進落語家競演会(17-005)

18:00 天満天神繁昌亭
・露の 雅  あくびの稽古 
・桂 福丸  ふぐ鍋
・林家染吉  禍は下
・桂 小鯛  やかん
・桂咲之輔  いらち俥
中入り
・桂ぽんぽ娘 
・笑福亭生寿 秋刀魚芝居
・露の団姫  松山鏡
司会 露の吉次
 

154_3

結果はすでにニュースなどでも出てるでしょうが、団姫さんが新人賞、小鯛さんが奨励賞でした。
ワタシ、今回は(チケットを貰ったからではなく)染吉さん一押しだったんですが、2番手(染吉さんの直前)に出た福丸さんが「ふぐ鍋」をかけたのがショックでした。
(前回、染吉っとんの会で、ふぐ鍋が良かったので、それを演ってもらえるものとばかり思っていたので・・・。)

157

002
当日いただいたプログラムを見てると、大変興味深い。
第2回の奨励賞だった文華さんは翌年新人賞を受賞されているし、第6回の染雀さんも翌第7回に新人賞を受賞、第7回の奨励賞受賞者かい枝さんも翌年新人賞受賞、第11回の阿か枝さんは3年後の第14回の新人賞を受賞、その年の奨励賞だったたまさんは2年後に新人賞、第15回の奨励賞吉坊さんは第17回の新人賞、第18回の雀五郎さんも第19回の新人賞を受賞している。

2017.01.10

第273回天満講談席(17-004)

18:30 北区民センター
・旭堂左山    臆病の一番槍
・旭堂南斗    雷電の初土俵
・旭堂南鷹    五代友厚 薩英戦争
・旭堂南左衛門  荻生徂徠 人情豆腐
中入り
・旭堂南舟    水戸黄門漫遊記〜長屋の出世
・旭堂南青    馬場の大盃




区民センターにはいると、受付の席に見知らぬ女性。
(後で、南舟さんに聞くと、さくらさんだそう。)
今日のチラシを見ると、最初には「左山(さざん)」さんという、こちらも初めての人。
今日は、南斗、南舟、南鷹、南青、南左衛門まで出るという、南左衛門一門会?
珍しく、中入りまである。
さて、どんな長丁場になるのか‥‥。

おっとー。次回のビラを見ても同じくフルメンバー!

2017.01.07

初春文楽公演(17-003)

11:00 国立文楽劇場
初春文楽公演
・寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)

・奥州安達原(おうしゅうあだちがはら) 環の宮明御殿の段

・本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう) 十種香の段/奥庭狐火の段

http://www.ntj.jac.go.jp/assets/images/bunraku/gazou/H2901bunraku_poster.jpg

http://www.ntj.jac.go.jp/assets/images/bunraku/gazou/H2901bunraku_arasuji.jpg

http://www.ntj.jac.go.jp/assets/images/bunraku/gazou/H2901bunraku_haiyaku.jpg












2017.01.06

染吉っとんの会〜林家染吉落語勉強会〜(17-002)

19:00 動楽亭
・林家染吉 ふぐ鍋〜禍は下〜天狗さし
・桂 小留 軽業講釈
中入り
・林家染吉 辻占茶屋

155


お正月飾りも艶やか。
そうか、今年初めて来たんや〜。


舞台にもミニ門松。


残念ながら、お客さんはトータル四人。

染吉さんから新進落語会のチケットのお年玉。来場者の中から2名にとのこと。
で、染吉さん「もう、チケットは売切れになってますが、もし、もう買ったよ。という方いらっしゃいますか?」・・・なんと、ワタシ達以外のお二人はすでに買っておられたそうで、ワタシ達で2枚いただきました。

第54回なにわ芸術祭新人賞選出 新進落語家競演会」午後6時・天満天神繁昌亭
露の団姫、桂ぽんぽ娘、桂福丸、笑福亭生寿、桂咲之輔、桂小鯛、林家染吉、露の雅

154_2

って、あちゃー、18:00始まり!
ギリギリやなー。

で、落語。
「新進」は、出演者は一人12分の持ち時間なので、これから三席、それぞれ12分バージョンを、高座から降りず通しで演るとのこと。
で、アンケートには「新進」に何を演るかの参考に、よかったと思うものを書いてほしいとのこと。

ワタシはふぐ鍋一押し。
噺の中に、聞いたことのない、「そんな卑怯なことをするから戦争に負けたんや。」とか、「食べへんかったら(決まっている大橋さんの息子の就職の)内定を取消してもらう。」とか、楽しかったから。

さてさて、当日が楽しみです。

新年、ブログ村へのリンクを復活しました。ぜひ、ポチッと
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ

にほんブログ村

2017.01.03

第10回 トリイ初夢席(17-001)

13:00 トリイホール
・旭堂南斗(講談) 雷電の初相撲
・月亭天使(落語) 初天神   
・露の団姫(落語) 仏は君をホットケない(作・露の団姫)    
・山口ももえ(歌)     
・サムライ朝起太郎(漫談)
中入り
・ブランケット(漫才)    
・MIYKY(歌)    
・ヤング(漫才)    
・内海英華(女道楽)     
・内田實・池上涼子(津軽三味線)     
・キタノ大地(マジック)      
中入り
・KENGO×MINAKO(歌)    
・ナオユキ(漫談)    
・春野恵子(浪曲)  おさん茂兵衛  
  曲師 一風亭初月
・旭堂南海(講談)  山内一豊の妻    

153

新年からブログ村へのリンクを復活しました。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

2016.12.27

第233回 旭堂南海の何回続く会?〜新読物開始(16-090)

19:00 薬業年金会館
・旭堂南海  祐天吉松(壱)


日曜日の寺西家を、今年最後の落語・講談の会にしようと思っていたけど、南海さんの会で、新しく祐天吉松をかけるそうな。
最近、youtubeで広沢虎蔵の祐天吉松にはまっていて、講談版も是非聞いてみたいと思いやってきた。
広沢虎蔵は、あの、清水次郎長伝で有名な浪曲師で、独特の圧倒的なキャラから変な言い方をすると「何でも次郎長に聞こえる(?)」。

で、南海さんの祐天吉松は、後で書きますね〜。

ということでホンマにホンマ、今日が今年のラスト演芸にしたいと思います。ちょうど90回でキリもいいしね。
(ご存知でしょうが、タイトル横の(16-090)っていうのは、年度と、会の数です。今年は3桁も要らなかったな〜。)

2016.12.24

文太噺の世界in寺西家(16-089)

14:00 寺西家
・露の 紫  看板の一
・桂 文太  悋気の独楽
・旭堂南華  報恩出世俥
・桂 文太  不動坊 

152

ワタシの今年最後の落語会は、今日で落語会開催が最後となる寺西家。
ここ、寺西家の会は08年から毎月「文太の会」として9年間も続いてきたけど、今日で最後だそう。


一昨日の上方講談を聞く会で、南華さんが、「私もイブは「ぼっち」で、寄席です。」と仰ってたし。






«第459回上方講談を聞く会(16-088)

最近のトラックバック